一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


劇団ぎゃ。解散公演「左様なら王」の終演後、客演してるゆかりんと。
ただでさえ目鼻立ちパッチリのゆかりん、ぎゃ。お馴染みのつけまつ毛メイクで
目力超アップ。
で、隣の私はただでさえ薄い顔が更に薄くうすーく。
目、小さいね。自分で見えないからこういう時改めて実感するわけです(笑)

劇団ぎゃ。の解散公演は、、、個人的にはなんかちょっとセンチメンタルな気持ちになりました。
演劇に関わり出した頃、メイクさせてもらったりしたなーとか
カフェ芝居でガラパと一緒になったこともあったなーとか。

ガラパと同世代で、
ここ数年は、一緒に何かをすることはなかったけど
でも、お互い今までがんばってきたわけで
何か一つの区切りというか何かが終わったというか、
そんなことたくさん考えながら観てしまって、なーんか、寂しかったんだなぁ。

作品は、今まで私が観たぎゃ。の作品の中では一番好きでした。
ぎゃ。らしさがぎゅっと詰まってた気がします。
この作品でゆかりんが観れたのもよかったな。


しかし。周りにいる私たちにとって
解散ってのは、寂しいものです。
andymoriの解散の話を聞いた時もおんなじ。寂しかった。
でもきっと、納得して決めたことだから当人たちにとっては寂しいことではないんだろうな。
自分たちが寂しいと思っている間は、きっと解散とかにはならない。

私は、まだ、寂しい気持ちからは抜け出せないなあ。
だけど、時間は過ぎるし、時代は変わるし、世代は変わっていくもので、
自然な流れで変化はやってくるもので、私にもいつかそんな時期が訪れるんだろうなーと思う。
このまま、訪れないかもしれないんだけどさ。
先のことなんか、わからんよね。

  • -
  • 17:22
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry
Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://risagalapa.jugem.jp/trackback/778

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM