一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 ブログのことをすっかり忘れてしまったんじゃないか、くらいに
ほったらかしにしちゃってたわー。

気がつけばもうすっかり夏ですね。
夏、真っ盛り。
夏だぜうやっほう☆


この数ヶ月は、
ここ近年で一番のダメダメ人間にどっぷりとはまってしまって
なかなか抜け出せないでおり。
悲しいこともぐわーっと押し寄せてきたりで
無理やり気持ちをあげようともしてたけどやっぱり心は正直で。

にっちもさっちもいかない感じになってたのだけど
少しずつ少しずつ
浮き上がってきました。

周りの人のおかげ。
土田さんに嬉しい言葉もらったり、
劇団ルアーノデルモーズの制作に関ることになってなんだかちょっと忘れてたもの思い出したり、
よい本に出会ったり、
ヨーロッパ企画のみなさんと話したり、
飛び上がるほど嬉しいニュースを聞いたり。
他にも、たくさん。
あー、周りに素敵な人たち、たくさん居たなぁ、と改めて。

これまた久しぶりに読んだ本の中にあった一節。

自己目的的に生きる

これだな、と思いました。
私にはこれがちょっと足りなかった。

さてと、ただいま。
停滞していた分、ここから何倍もがんばらないといけないです。
2倍速でがんばる。

 万能グローブ ガラパゴスダイナモス第14回公演
「星降る夜になったら」
公演終了からもうそろそろ1週間、経とうとしてます。
今更ですが・・・
ご来場いただきましたお客様、
関係者の皆さま
支えてくださった皆様
キャスト・スタッフ、
全ての皆さま・・・
どうもありがとうございました。
皆さま一人一人の力がなければ、
あの公演はなかったな、と思います。
心より、感謝しております。

公演を終えてからの約1週間、
ブログを書いては消し書いては消し、の繰り返しで
中々更新できなかったのだけど、
ようやくポジティブ心が戻ってきたな、てことで
めでたく更新です☆

今回の公演は、劇団的には大成功、大盛況の公演だったけど
私個人的にはたくさんたくさん、抱えきれないくらいの課題が
浮き彫りとなった公演でした。
それが引き金で、一ミリも心に余裕が持てなくて、
結果悪循環を引き起こすという負のスパイラルに
完全にはまっていましたね。
今となっては思い出すだけでも恥ずかしいんだけど。
でも、正直制作始めてから、あんなにでかい壁にぶち当たったのは
初めてかもしれない。
5年間の全てが一瞬ぶっ飛んで、崩れ去りました。
見事に。

ただ、5年間積み重ねたものとか、そもそもあったのか、ていうね(笑)

数日、どっぷり落ち込みどっぷり反省もしたので
あとは目を背けずに改善策を考える。
今までのやり方ではもう回していけないし、
回せなくて私だけが泣きをみる、ということでもなくなってるのだと
痛感もしたので。
もう、いやそもそも私一人の問題では、なかった。

制作始めて5年だけど、
5年経ってもまだまだみえないものはたくさんあって
進む先は無限に広がってるからまだがんばれるな、と思う。
まだまだこれから。がんばります。


公演終わって、一番に私の心を癒してくれたのは、やっぱり音楽。
スピッツやフジファブリック、andymoriに加えて
星野源さんとASIAN KUNG、FoZZtoneやなんかに支えられてる、今。
源さんのCDは他のも買おうかな、と思う。

来月はくるりと青葉市子さんのライブに行く。
ギターを、弾けるようになりたいな、と源さんのMVをみながらふと思って、
そういえば、スピッツとか弾けたら楽しいだろうな、とか
そんなこと考えてたら楽しくなってきた午前5:00。
ほぼ、徹夜してしまった。
昨日は、カフェに9時間。場所移って更に3時間。
トータルぶっ続け12時間作業で
変なスイッチ入ってしまったみたい。

そういえば昨日は、誰とも共有できないけど、
びっくりするような奇跡がたくさん起こった日でもあった。
気づかないだけで案外たくさん、奇跡はおこってるものなのかもな。
とりあえず、
次の次、先の先を見て、前進。
おやすみなさい。

あ、制作のお仕事について、のブログはまた次回。
きちんと、書きたいと思います。

気がつけば、本番まで1週間をきりました。
小屋入り(劇場入り)を考えるともう、あと数日。
稽古は順調☆
キャスト間のチームワークもよい感じ。
みんな仲良しです。



大体、この時期になると
小屋入り日に、なんの準備もできてなくて焦る、
というような心の焦りを反映した嫌な夢を見るようになるのだけど
ここ最近、連日床で寝るという、
夢みる余裕のない夜を過ごしているので、大変助かってます。
身体ガチガチだけど、ある意味ラッキー☆

とはいえ、
ちゃんと準備していても、現実的に絶対に抜けはでてくるもの。
コピーロボットがいたらいいのに。
と、そんなことを考える、そんな時期。
現実をみつめなくてはよ。
小屋入り前の感じバシバシ出てます。
うひゃー。楽しみ。

先日、制作(つまり、私)がなにをしているのかわからない
というようなことを言われてしまいまして、
それに対してなんかうまく説明できない自分にがっかり。
とりあえず、わからない、と思われているようではだめだなぁ。
だめだし、ちょっと切ない。

制作として何をしているのかが説明できること。
これ、今の課題。

あーまったく中身のないブログ。
本番前ですしね。

すっかりご無沙汰してる間に、
小屋入りまで2週間をきってた。
いよいよです。
万能グローブ ガラパゴスダイナモス第14回公演
「星降る夜になったら」

夜空に瞬く星のようなきらめきが、あります。
いつものガラパより、よりちょっと温かでストレート。
ストレートに言葉が胸に響きます。
きらめくイムズホールへ、是非。

さて、星降るの公演は5月10日(金)〜12日(日)。
その、翌週
5月18日(土)15:00〜17:00に
制作者勉強会 ゲキトーク
というものに出させて頂きます。
詳しくは、こちらを。
http://www.fpap.jp/talk/2013/

ガラパの川口と、
ゴーチ・ブラザーズの斎藤さんと、
劇団歩行訓練の谷さんと、
私 でトーク。

私なんかが、畏れ多い、なんて気がしないわけではないけれど
手探りで制作を始めてようやく5年。
いろんな経験を重ねてなんとかかんとか
ツアー公演を組むようになったりしたけど、
ホントにね、色んなことがありました。
振り返るといろんな方のお話を聞いたり教えてもらったりしながら
進んできたなぁ・・・、と。
制作勉強会にもたくさん参加してたなぁ、と。

私は制作はおろか、演劇もあまりよく知らないですという状況から
突然ガラパの制作に入っちゃったので
右も左もわからない頃に参加していた勉強会も沢山あって、
残念ながらその頃学んだ内容はきっと小指の先も身になってないのだけど
人との繋がりはしっかりと残っていて
その方たちにたくさんたくさん助けていただきました。

私は、「制作」は「経験」して積み重ねて行くのが一番よい!と思うのだけど
「経験」した人に学ぶ、というのも大切なことだと思っています。
人の経験を、自分に必要なとこだけ吸収して、
自分の経験に生かせたら最高ですね。

で、ゲキトーク。
せっかくこういう機会を頂いたのだから
私がたくさんの人にもらった「経験」と自分の「経験」で
積み上げてきたことなんかを伝えられたらいいな、とか思ってます。
特に、他地域公演のことなんかを話すのかな。
ツアーのこととか。
ツアー、準備は確かに色々あるけど、
楽しいですからね。

個人的には、斉藤さんとか谷さんとかとお話できるのが、とても楽しみ。
きっと、参加した人だけが聞ける話もあるんじゃないかな・・・と、淡い期待。

演劇などの舞台芸術の活動をしていらっしゃる方
特に、将来的に地元から出て他の地域での公演がしてみたいという方や、
制作面でのノウハウを勉強したいという方向け!

らしいです。

冷泉荘「RILL BAGEL」の、ハーフベーグル+ワンドリンク付き!

らしいです。 お得!

興味がありましたら、是非に。

久しぶりに流れ星がみたくなった。
私の住む那珂川町は星空がとてもきれい、だと思う。
夜は満点の星空がぶわーっと広がって、
で、ずっとみてるとすーっと流れ星を発見するなんてことは
そんなに難しくないです。
まぁ、30分くらい見てれば、の話だけど。

地面に寝転がって星空を見てると
なんか星空に吸い込まれるような感覚があって、これがまた、なんともいえない。
プラネタリウムなんかでも感じるやつ。

昔はよくバイト仲間と駐車場とか公園の真ん中とかで見てたんだけどなぁ。。。
流れ星じゃなくても、少しずつ動く小さなきらめきとかもあったりして
星空はいくら見ても飽きない。

流れ星といえば、
小学生のころ、長崎の山奥に住むおじいちゃん家の庭で
やっぱり寝転んで星空みてたらみたことないくらいでっかい流れ星が
すーっと頭上を流れていったことがあった。
これはいまだに忘れられない。巨大な流れ星。

あと、大学の頃に流星群を観に、夜中に海の中道まで車走らせて
浜辺で寝転んで降り注ぐ流れ星みたのも忘れられない。

そして星空といえばもうひとつ。
日本最南端の島、波照間島で、
天然のプラネタリウムを見たとき。
灯りがひとつもない夜の島で、
みたことないくらいの満天の星空。
建物の屋上にみんなで寝転がって星空見てて、
星の説明するおじちゃんの持つ懐中電灯が
光の棒になって、ものすごく感動したのが忘れられない。
もひとつ、びっくりしたのは、
その説明を聞きながらあまりの心地よさに
本気で寝てしまっていたこと。
ほんと、びっくりした。


星をみにいきたいなー、と思う。
海にも行きたいんだけど、星も。
ま、星は、那珂川でもいいんだけどね。

先日、ある人と
「永遠なんてないよね」
という話になった。

永遠を信じたいけど
永遠なんてこの世の中にはひとつもない。
だから、今が大切なんだと思う。
最終的に、
向かっている先の目標よりも
その過程がむちゃくちゃ大切だ
みたいな話になりました。
だって、その過程は長いのだから、その時間も大切にしてかないと、と。
先日観た「夕暮れ、オレンジ、ロックンロール。」にそんなような台詞があって、
ちょっと、はっとした。

私は自分でも認めますが、よくしゃべります。
話すの大好きです。
基本、どんな人とでもいくらでも話せます。
だって、人好きだし。
でも、話していて心地いい相手というのはやっぱり特別にいて、
そういう人と話す時はとても楽しい。
話すことで助けられることも、しばしば。
その人との時間はこれからも大切にしてかないといけない。

最近、周りの環境がどんどん変わっていきます。
環境も、人も変化してて、
なんだかそわそわ。
私だけ取り残されている気がしている今日この頃。
焦ったりして、間違った選択だけはしないようにしないとだ。


さて、3月。

昨日観た、専門学校1年生最後の舞台。
若さと一生懸命さが正面から飛んできた。
彼らが、学校を卒業するまでのあと一年間、
どう変化していくのかなぁ、と楽しみ。
いろんな影響を受けるこの時期に
演劇と出会っているのは絶対に素敵なことだと思う。
脚本のいろんなとこに散らばる言葉たちも
ぐぐっといや、突き刺さってくるものがたくさん。
深くて素敵な言葉がたくさん。

朝から色々片付けてたら数年前からの手帳がごっそり出てきたので
懐かしい気持ちで何気にぱらぱらと。
やっぱりこんなにゆるやかな毎日を過ごすのは
25歳の時だったかな、仕事とかなんか色々、
すべてを投げ捨てて自由に過ごした一年間以来だ。
空白の一年間。
私の人生のモラトリアムはまさにあの時期だったと思う。


あれからちょうど10年。
この、空白の時間は10年周期で訪れるようになってるのでしょか。
さすがにもう、あの頃みたいに好き勝手生きるわけにはいかないよな。
今回のこの空白期間は、何をしよう。
10年前と違うのは、
今回は人と出会いたい欲がとても強いてこと。

世の中には、まだまだ出会ってない人がたくさんいるから
もっとたくさんの素敵な人と出会っていきたいな、と心から。
素敵な人と出会って、私も素敵になってやろう、とね。えへ。
今日も、始めましての人と会う。
久々の、どきどき感。

さて、3月、何をしよう。

2月が終わってしまう・・・。
ということで久々更新。

25日・26日に開催した「ガラパマニアvol.5」
大盛況で幕を閉じました。
ご来場いただいたお客様どうもありがとうございました。
あんな至近距離であんなコンパクトなカフェ空間で
中々観ることができない作品達だったのではないかと。
川口作品「ファンキー・ゴー・ラッキー」も
横山作品「なりたいちゃんと」も
カラーは違えど、どちらも大切なガラパの作品。
改めて、この場所にいることを嬉しく思えた夜でした。

あと、この夜は
5月公演「星降る夜になったら」の一部をリーディングしちゃうという
リーディング企画「ちょっとだけ星降る夜になったら」てのもあって、
5月公演の脚本一部プレゼントなんてのもあって
盛りだくさんだったんです。

CAFESONESにガラパとお客様とがきゅっと一緒になって
素敵な空間がうまれた2日間でした☆
またこんなイベントは続けていきたいな、と思います。
みなさま、どうぞよろしくです。

さて、2月が終わってしまいます。
3月からは新しい生活を送りたいと切に願っているのですが
果たして叶うのでしょか。
ただ、ここ最近、ようやくガラパ在籍5年目にして
色々なことがみえてきた気もしているので
この場所も大切にしていかないといけないかな、と思ったり。
ぽーんと飛躍したいものです。
つべこべ言わず動け、だ。

書かなくてもよいかな、と思ったけど
やっぱりきちんと書き留めておこうかな、と。
ひっそり更新。


1月19日、溺愛していた陸がこの世を去りました。
10年とちょうど半年。
7月19日生まれなんです。
10年って長いけど、
むちゃくちゃ短かった。あっという間。
陸中心の毎日でした。宝物。

実は去年10月くらいから病気がちではあって、
年越せないかも、という状況から
年末年始、奇跡的にちょっと元気な姿をみることができて
花見一緒に行きたいね、とか話してた矢先、
1月11日に立ち上がれなくなり、
そこから約1週間。
辛い姿とか、介護の大変さとか、そういうのをあまり感じさせることもなく
最後までおりこうさんで逝っちゃいました。
最後の最期まで、いつも笑ってたな。
去年は元気で、一緒にお花見行ったのにね。

2日間はたくさん泣いたけど、
それから私はほとんど泣いてない。
なんか、陸に関する感情だけがブロックされてて
心に届いてこない。
すごく嫌なんだけど、こうやって心を守るものなのかもしれない。
人ってすごいな。

父と母は未だによく泣いている。
10年と半年、陸と濃い毎日を過ごしてきたのだから当然か。
でも、前向きに少しずつ進んではいるのです。
父と母は、陸と散歩に行ってた公園に今は運動しに通うようになりました。

時折ふっと
あの冷たい鼻にぶちゅってしたいな、とか
頬っぺたぐりぐりしたいな、とか
玄関で尻尾振って待ってないかな、とか
思ったりして、で、
もう二度と触れることはできないんだなぁという
寂しさを感じたりして
死んでしまうって、こういうことなんだなぁ・・・と。
寂しいよう。

とはいえ、私は元気です。
ガラパと、現場のおかげです。
ただ、やっぱり迷惑をかけている方々も多数。
いつまでもこんなんじゃだめだな、と思うので
そろそろきちんとしようと思います。
社会人として、大人としての部分とか
父と母のこととか
自分の人生とか
まじめに考えて行動していかないと。

自分の人生に関しては
まじめに考えもするけど
やっぱり楽しくふざけて生きて行きたい。
でもまぁ、芯はしっかりもたねばですね。

お姉ちゃんがんばるよ、陸。

2月に突入。
1月末に購入した手帳が
すっかすかの状態です。
ガラパ以外の予定がない手帳。
こんなすかすかな状態、恐らく7年ぶりではないだろうか。

1月末の現場が終わって、
家で過ごす日が多くなった先日、父親に
「何があったのか?お前は年中無休の人だろ?」
と言われました。
いや、年中無休の人では、ない。
が、
2月以降は、とりあえずガラパの予定以外はないというのは確かだ。
稽古行き放題なのは楽しいけど、
さすがに3月のことを考えるとまずい。
まずいぞ。

1月中は、色々ありましたので
ゆっくりしようと思ってたけど
2月になってしまったのでぼちぼち働かないといけないと思っている。
どなたか、お仕事ください。
私、以外といい仕事しますよ。働きますよ。


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM